お使いのソフトウェアは心配りがあるといえるでしょうか?
お手元のコンピュータはその価値を十分発揮しているでしょうか?
コンピュータは本当に我々を幸せにしているでしょうか?

ものづくりは日本の経済の基本です。大量生産大量消費がこれまでの日本経済を支えてきました。しかし現在は、言われたものを言われたとおりに作ればよいという時代ではありません。ソフトウェアもしかりです。

我々は、一貫した信念のもとに人の心の琴線に触れるものづくりを目指します。そしてこれからも我々はソフトウェアを通じてものづくりを支え、それがひいては日本の元気回復つながるものと確信します。

代表取締役社長 松野本 祐司

代表取締役社長 松野本 祐司